前へ
次へ

着物買取で大事なことは相場を知ること

おばあちゃんやお母さんたちが残していった着物、その処分に困っている人多いのではないでしょうか。
着物を着る機会もなくなり、自分で着付けの出来ない人が当たり前になった時代、今度はいくらで買い取ってもらえるのかと言うことになって来ると考えらえます。
しかし、着物は普通の古着と違い、綺麗な形で残しておくべきものです。
汚れたままの着物やクシャクシャになった着物では、その価値が大きく下がってしまうことになります。
特に着物買取業者に買い取ってもらいた時には、値段が付けられないと言う理由になってしまうことになってしまいます。
基本的には、古くなってしまったものや無名なものに、値段がつきにくいと知っておきましょう。
それは今、日本国内での需要が少なく、無駄な着物を引き取りたくない事情もあります。
そのため意外に思えるのが、日本国内で再販をする業者より、国外へ販路を求める業者の方が、買取に積極的と言われます。
ですが、そんな業者を簡単に見つけ出すことが出来ないことも、現実かも知れません。
着物を買い取ってもらいたい人は、相場価格を知って、その範囲内で買い取ってくれる業者を探すことが大事になります。

着物について知識を深めることもできる

着物の柄などの流行りもありますし、昔の着物はサイズも小さめです。
着物の状態も買取に影響しています。
例えば、年代が古い物はそれだけ生地も傷みがち、汚れやシミもあるでしょう。
製造工程など、グレードによって判断する買取店も少なくありません。
着物の知識が豊富であるのが買取店の特徴ですから、賢く活用してみましょう。
売る・買うだけでなく、疑問や質問、アドバイスなどの相談に快く乗ってくれる場合もあります。
例えば、柄足袋や刺繍の半襟はどのシチュエーションで使えるのか、特に最近の問い合わせに多いようで、アンティーク着物を取り扱うお店では応えてくれました。
コンサートや堅苦しくない結婚式の2次会などに適していますが、慶弔や式典では避けたほうが無難との回答でした。
刺繍の半襟は振袖に取り入れても問題なく、訪問着に使ってもよいそうです。
そうした和装コーディネートが適う着物、小物を買取から販売も行っているため、一度来店してみて下さい、こうした声も掛けて頂きました。
知識を増やすにも、足を運んでみたい考えです。

Page Top